読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あずれのヘッドホンブログ

自身で購入したイヤホン・ヘッドホンのレビューや、他のサイトやSNSで話題になっているイヤホンを紹介します。基本的にイヤホンのレビューはAppleのEarPodsと聴き比べて行ってます。

最初に買う中華イヤホンは何を買えば良いのか?「オススメの中華イヤホンのご紹介♪」

中華イヤホン イヤホンまとめ

f:id:azure092:20160801011614p:plain

 皆さんこんにちわ!今回は中華イヤホンを初めて買う人にお勧めしたいイヤホンを紹介していきますよ♪「中華イヤホン買いたいけど、何を買えば良いのか分からない」と思っている人は沢山いると思います。今回はそんな人のための記事です。

  この記事を作ろうと思ったきっかけとしては、私のブログで一番見られている「所持低価格・中華イヤホン(5000円台まで) 評価別一覧」にあります。ここの記事だけも1万PVを超えるので、本当に多くの人たちに見られていると思いましたね。ということは、当然皆さん気になっているのは「どの中華イヤホンを買えば大丈夫か?」ということですよね。

 ただ如何せんながら、このページには個人的なベストバイは書いてあるものの、結局どれを買えばいいんだよ!!と思われるくらいにベストバイなイヤホンが沢山書かれていて結局わかりづらいかなと感じました。そこで今回は、今まで私が触れてきた30本以上の中華イヤホンから個人的に「これなら喜ばれるだろう」というイヤホンをいくつか紹介していきたいと思います♪

 今回は初めて中華イヤホンを買われる方向けですので、出来る限りコストパフォーマンスが高いイヤホンで国内でも手に入れやすいものを紹介していきます。基準としてはiphoneの付属イヤホン「EarPods」やeイヤホンでも話題となったPhilipsの「SHE9700シリーズ」、Amazonでイヤホン部門販売数1位のPanasonicHJE150」を元にしていこうと思います。

 なお一応全てのイヤホンに日本の販売サイトと、輸入出来るサイトを載せてあります。輸入に挑戦してみたい方は購入方法で参考になるサイトがありますので、こちらを参考にしてみたらと思います。

 

 

 

「とにかくiphone付属イヤホンよりも良いイヤホンが欲しい!でもカナル型は嫌だ!」という方

Venture Electronics「VE MONK+」

f:id:azure092:20160801013805p:plain

  まず中華イヤホンでコストパフォーマンスが高いイヤホンと言ったら「VE MONK+」は欠かせないでしょう。こちらのイヤホンは輸入でしか手に入らなかった時は5ドル(約500円)というとてつもなく安い価格で売られていました。今現在では日本でも1500円で販売されています。

 このイヤホンの特徴としては「価格からは考えられないほど圧倒的な解像度(クリア)の高さ」「音の刺さりもなく綺麗に響かせてくれる美音」ですね。EarPodsよりもやや低域は下がりますが、聴き続けていれば必要十分な量に感じてくると思います。

 EarPodsと同じくインナーイヤー型のイヤホンをお求めの方はまず、こちらを買えば間違いは無いでしょう!!

 

 販売サイト「e★イヤホン」 1500円

 

 輸入する方 Aliexpress「Venture Erectronics」 5ドル+送料3ドル程度

f:id:azure092:20160801015637p:plain

Venture Electronics VE MONK Plus earbud earphone (Still 5USD )

 

 

「とりあえず安くて良いカナル型イヤホンが欲しい!」という方

KZ「ED9」

f:id:azure092:20160801020035p:plain

 中華イヤホンでとりあえずコスパの良いイヤホンといえばKZ社のイヤホンは欠かせないでしょう。KZ社は日本で中華イヤホンブームに火をつけた会社と言っても過言ではないと思います。KZが開発したイヤホンは沢山あるのですが、私個人的にオススメなイヤホンとして紹介するのがこの「ED9」です!!輸入価格も10ドルととても手頃で、日本でも1800円程度で手に入れる事ができます♪

 このイヤホンの特徴としては「ノズルを交換して音の傾向を変えることが出来る」「価格からは考えられない解像度(クリア)の高さ」「音の刺さりもなくバランスの取れたサウンドで聞きやすい」ことが挙げられます。

 このイヤホン、なんとノズルを交換することが出来て、2種類のノズルが最初からついてきます。傾向としては金色でキラキラで短めなノズルは「音場(音の広さ)を広く感じ、低域もやや強めなドンシャリサウンド」、金色でやや鈍く長めなノズルは「透き通った音のフラットサウンド」になります。1つのイヤホンで2つのサウンドを堪能できるのは大分お得ですよね♪

 とりあえずカナル型のイヤホンのお持ちの方で、出来る限り安くて良いイヤホンが欲しい方はこちらを手にされてみてはと思います(*´∀`*)

[参考レビュー]

 

 販売サイト Amazonマーケットプレイス「アンバー テクノロジー株式会社」   

 

 輸入する方 Aliexpress「Easy Earphones」 10ドル程度+送料無料

f:id:azure092:20160801021731p:plain

2015 New Arrival Original KZ ED9 3.5mm in ear Earphones Heavy Bass HIFI DJ Stereo Earplug Noise Isolating With Mic Headset E57

 

 

「高級感があって、音も良く、出来る限り安いイヤホンが欲しい!」という方

Xiaomi「Xiaomi hybrid」

f:id:azure092:20160801023509p:plain

 中華イヤホンで高級感があるイヤホンといえば、Xiaomi社のイヤホンが真っ先に挙げられるでしょう♪Xiaomi社は中国のAppleと言われており、主にスマホを取り扱っている会社なのですが、イヤホンも販売しています。Xiaomiも沢山のイヤホンを販売しているのですが、この「Xiaomi hybrid」はXiaomiの中でも特にオススメできるイヤホンですよ(*´∀`*)先ほどのMONKやED9と比べるとやや値段は高くなりますが、輸入だと17ドル程度、日本では2400円程度で販売されております。

 このイヤホンの特徴としては「低価格ながらダイナミックとバランスド・アーマチュアの2つ両方のドライバーを搭載したハイブリッド構造」「MONKやED9よりも明らかに高い解像度(クリア)、音の一つ一つが細かく聞こえる」「低域も中高域の響き方も上品で、音場(音の広さ)が広い」ことが挙げられます。

 まずこのイヤホンは高級機にも使われている「バランスド・アーマチュアドライバー」が搭載されています。このドライバーは中高域の表現を得意としているので、解像度や響き方は今まで紹介したイヤホンを軽く超えますね♪そして、これはハイブリッド構造のイヤホンとなっていて、普通ハイブリッド型のイヤホンだと数万円は出さないと買えないイヤホンでした。それがなんと2000円台で手に入るとは・・・時代は進んでいますね( ゚д゚ )

 このイヤホン比較対象が数万円のイヤホンと比べられるくらいには上品で綺麗な音を奏でてくれるイヤホンだと思います。デザインもカッコよくて、音も良く、出来る限り安く手に入れたい方にはこのイヤホンはオススメですね♪

 

[参考レビュー]

 

 

 

 販売サイト Amazonマーケットプレイス「町のお店」 2350円(送料無料)

 

 輸入する方 Aliexpress「Cn-Auction」 19ドル程度+送料無料

100% Original Circle Iron Headphones Xiaomi Earphones Headset Earphone With Remote Mic Retail Box for XIAOMI M3 M2 Hongmi Phone

 

 

 

 今回はとりあえずこの3機種を紹介してみましたがいかがでしたでしょうか?本当はまだまだ紹介したいイヤホンはいくつかあるのですが、本日は一回ここで切りたいと思います。今回は、まず買って損は無いベスト3を選んだつもりですw

 しかしこの3つを買っても、輸入だと40ドルを切り、日本で買っても6000円を切る価格というのは今考えても正直驚きますね( ゚д゚ )3つとも音の傾向は違うので、もし興味をお持ちなら全て買ってみて楽しむのもアリだと思いますよ♪

 

 ではまた次回の記事でお会いしましょう♪(*´ω`*)

 

広告を非表示にする